犬の餌の気になるワード!! “グレインフリー”や“グルテンフリー”って?

犬の餌を選ぶ時に気になるワード、気にしてしまう言葉ってあるはずです。

そんな気になるワードの中の1つに“グレインフリー”“グルテンフリー”が含まれていのではないでしょうか。

特にグレインフリーは、“グレインフリーである”ことを売りにしている商品もあるくらいです。

でも、“ただ何となく良いものっぽい”ってだけで、“グレインフリー”を謳っているドッグフードを選んではいるのは、愛犬に対して失礼だとマサキは考えます。

それは、何となく下した判断が貴方の愛犬にとってベストな判断では無いからです。

ベストな判断を下す第一歩として、“グレインフリー”とは何なのかを知ることから始めてみて下さい。



グレインフリーとは何だ!?



グレインフリーとは


“グレインフリー”“穀物不使用”だと認識していませんか?

もちろん、その認識は“大間違い”ではありませんが、“誤認”している可能性は否定できません。


なぜなら、“グレイン”は、主にイネ科植物の種子を指す言葉になり、米、麦、トウモロコシなどを含まないフードのことを“グレインフリーのドッグフード”と言っているからです。

つまり、イネ科の種子を不使用あドッグフードってことですので、一般的に豆類はグレインフリーという言葉の概念には含まれていません


オオカミを祖先に持っているワンちゃん達は、穀物の消化が苦手という考えから“グレインフリー”を推奨したり、“グレインフリー”の犬の餌を探している方がいるのは知っていますが、マサキはあまり気にしません。


オオカミ


なぜなら、オオカミは肉食よりの雑食だと考えているからです。

そのオオカミから派生した犬も雑食性を持ち合わせているので、何が何でも肉類でなければならないとは考えていないのです。

ただ、マサキの超個人的な意見ですので、貴方の“グレインフリー”への信頼感を否定するものではありません。

ですが、世の中には気にしていない人間もいることは忘れないで下さい。



グレインフリーの推奨理由♪♪



グレインフリー推奨理由


犬の餌であるドッグフードに“グレインフリー”を推奨する人達は↓のような理由をあげます。


グレインフリーを推奨する理由


グレインフリーの推奨理由について、マサキなりの考え方も添えて紹介しておきます。


≪グレインが犬のアレルゲンになりやすい≫

グレインの中には小麦やら麦などグルテンを含み、アレルゲンになりやすいモノもあります。

ただ、白米・玄米・大麦などのグルテンを含まず、アレルゲンになりづらい穀物もあります。

このことからも理解されると思いますが、全ての穀物がアレルギーを引き起こすワケではありませんし、まして、グレイン=食物アレルギーという図式で認識しているのは誤りです。

全てのワンちゃんがグルテンにアレルギーを持っているワケではありませんが、グルテンが含まれているか、含まれていないかによって、アレルギーの原因へのなりやすさは異なります。

ですので、アレルギーが心配な場合は、愛犬にアレルギー反応を引き起こしてしまう原材料が使用されていないかチェックをすべきです。


犬 食事


≪犬は穀物類の消化が苦手≫

犬はオオカミを祖先に持つ動物で、オオカミは肉食だから植物の消化は苦手。

そういう考え方を持っている方が、グレインフリーを推奨しています。


確かに、オオカミ肉食です。

ですが、獲物が無いと穀物などを摂ることもある雑食よりの肉食の動物になります。

まして、犬はオオカミとは違って人間に寄り添うように生きることを要求され、人間と共に暮らすことを選択して、生命を紡いできた動物です。

ですので、オオカミよりも雑食化が進んでいるのは自明の理です。

それは、マサキが妄想を膨らまして妄言をばら撒いているワケではありません。

日本の権威と責任のある国家機関犬は雑食だと認めています。

環境省『飼い主のためのペットフード・ガイドライン』でも“犬は雑食”と表現されていますし、グレインフリーが愛犬の身体に良いという論文や科学的根拠となるデータもありません


『飼い主のためのペットフード・ガイドライン』については♪♪


むしろ腸内フローラを整えたり、健康をケアする為に、穀物に含まれる栄養素も必要な場合もあります。

また、仮に穀物の消化が苦手だとしても、加工・加熱された穀物類なら、問題なく消化ができます

犬の餌であるドックフードに含まれる穀物類は、製造過程で加熱されているので、α化されていて消化しやすくなっていますので、ワンちゃんでも問題なく、十分に消化できるようになっています。


犬 食事


≪グレインがかさ増し材料に使用される≫


穀物がドッグフードの“かさ増し”に利用されている場合を想定してしまうことは、それほど難しくはありません。

犬は雑食の生き物だとしても、肉類を中心にした食生活が好まれるのは否定できません。

また、質の低いグレインでかさ増しされたドッグフードを心優しい飼い主の貴方が求めているとも考えられません。

もしも、かさ増しが気になるのであれば、ドッグフードの袋などに記載されている原材料表示を確認することをオススメします。

表示は多く含まれる物から順に表示されることになっていますので、穀物ばかりがずらりと、肉類の出てくる前に表示されているようなドッグフードは、避けるようにしたほうが無難だと考えています。

グレインでかさ増しされたドッグフードは、表示を確認するだけで、排除できますので、貴方が飼い主としてハッキリとした判断基準を持って、取捨選択してあげて下さい。



グルテンフリーについて



グルテンフリーとは


グルテンフリートとは、小麦やライ麦などの穀物の胚芽と胚乳の部分から生成されるタンパク質の一種が不使用で製造されているフードになります。


“グレインフリーのドッグフード”だと必然的に“グルテンフリーのドッグフード”になるのです。

グルテンに対する食物アレルギーがある場合は、グルテンフリーのドッグフードだとアレルギーを避けることができますが、炭水化物が少なめになる傾向にあり、タンパク質が多くなりがちで、高齢にカテゴライズされたワンちゃんにとっては、内臓の負担になってしまう場合もあります。


ただ、“愛犬が食物アレルギーかも?”って感じられた時には、グルテンフリーの犬の餌に飛びつくのは軽率かもしれません。

もちろん、飼い主である貴方が愛犬の体調を管理することは絶対に必要なことです。


犬 アレルギー


しかし、飼い主の貴方の憶測だけでフード選びをしてしまうと、知識不足の為、実際には愛犬の体調に合わない選択をしてしまうこともあるはずです。

その為に重要なことは、信頼できる獣医師さんの診断を受け、アドバイスを貰い、適切な犬の餌の選択をするという行為になります。

獣医師さんの的確な診断とアドバイにしたがって、愛犬にとってベストな選択をしてあげて下さい。



まとめ



犬 まとめ


犬の餌であるドッグフードには、グレインフリーやグルテンフリーとカテゴライズされるフードがあります。

グレインフリーは“米、麦、トウモロコシなどを含まないフード”になり、グルテンフリーは“小麦やライ麦などの穀物の胚芽と胚乳の部分から生成されるタンパク質の一種が不使用”のフードのことになります。


“グレインフリー”や“グルテンフリー”にもメリット・デメリットが存在します。


ワンちゃんにアレルギー反応がある場合は、“グレインフリー”や“グルテンフリー”が心を惹きつける言葉だとは思いますが、愛犬に食物アレルギーが疑われる場合は、信頼できる獣医師さんに愛犬を診断してもらいアドバイスを受けた上でフードの選択をされることをオススメします。


愛犬の身体に負担がなく、飼い主である貴方も納得できるフード選びをして下さい。


それでは、また。

コメントは受け付けていません。