犬の餌でアレルギー!? 犬がアレルギーで苦しんでいるなら獣医師に相談を!!

犬の餌 アレルギー 犬の餌を与えるにあたって気になるポイントの1つに愛犬が餌であるドッグフードを食することで、アレルギー苦しむことが無いかということがあります。

愛犬が苦しむ状況は、心優しい飼い主さんである貴方が望む状況では無いはずです。

また、アレルギーについて知識を持っていることが損になることは無いですし、アレルギーで愛犬が困った状況に陥った際ににも落ち着いて行動することができるとマサキは考えていますので、アレルギーについて触れておきます。



犬の餌が原因になりうるアレルギー



犬 アレルギー


犬の餌であるドッグフード。

健康維持や栄養補給の為にも欠かすことのできないドッグフードを愛犬が摂取することで起こってしまうかもしれないアレルギーが食物アレルギーになります。


愛犬が食物アレルギーに陥ってしまうハッキリとした原因は判明していないそうですが、食物アレルギーは、愛犬が摂取した餌に含まれる1つ以上の成分に対するアレルギー反応のことを指します。


食物アレルギーが発症するメカニズムは、愛犬の免疫系の異変により、特定の成分を“身体に害をもたらす異物”と認識をし、特定の成分を侵入者として攻撃・排除を行ってしまうことで発症が起こります。

食物アレルギーは多くの場合、即時型アレルギーと分類され、アレルギーの原因となるアレルゲン物質を摂取した直後から症状が現れるのが特徴


代表的なアレルゲン物質は↓のような食物があります。


代表的アレルゲン物質


食物アレルギーが“即時型アレルギー”分類されるということは、“遅延型アレルギー”に分類される症状もあります。


食物過敏と呼ばれる症状です。


ある意味で厄介なのが、アレルギーの原因になる食物を摂取してから時間が経過してから、身体が反応をするので、原因に気づきにくいという点。

例えば、愛犬の餌であるドッグフードを切り替えた際に食物過敏の症状が現れるという場合だけで無く、数年食べていたフードが原因だったなんて場合も考えられるということです。

食物過敏の症状としては、発疹脱毛痒みなどが挙げられます。


皮膚疾患を伴う外耳炎を併発することが多いとのこと。


犬 獣医師


早めに気づけば軽く済みますので、普段から愛犬の行動に食物アレルギーや食物過敏を疑う行動をしていないかと気を配ってあげること大切です。

執拗に何処か一箇所を舐めたり、噛んだりするような行動があり、“アレルギーかも?”って飼い主さんである貴方が疑いを感じたら、迷わず信頼できる獣医師さんの診断を仰ぐことがベストな選択だとマサキは考えています。

そして、獣医師の的確な判断に基づく指示を確実に実行し、アレルゲン物質である食物の摂取を避けて、愛犬がアレルギーに苦しむことの無いようにしてあげて下さい。



犬のアレルギーは食事だけが原因ではありません!!



犬 アレルギー


愛犬がアレルギーで苦しむのは食事のみを気にしていれば“全てOK!!”ってワケではありません。

犬もなる可能性のあるアレルギーには、↓のようなアレルギーなどが存在するからです。


犬 アレルギー


犬の餌であるドッグフードにアレルゲンが含まれていないかだけに注意を向けていると、思わぬ原因で愛犬が苦しんでいたなんて事になりかねませんので、気を付けてあげて下さい。



アトピー性皮膚炎について



犬 アレルギー


アトピー性皮膚炎好発病気

空気中の花粉やカビ、イエダニ、動物のフケ(皮膚片・毛断片)などの物質に対するアレルギー反応のことがアトピー性皮膚炎になります。

アトピー性皮膚炎には、かかりやす犬種が存在します。


アトピー性皮膚炎にかかりやすい犬種は、テリアセッターレトリバーダルメシアンシャーペイになります。

とはいえ、個体差があることですので、貴方の愛犬が↑の犬種に含まれていなくても犬という存在に好発な病気ですので、愛犬がどのような犬種であっても気を付けてあげたほうが良いとマサキは考えています。



ノミアレルギー性皮膚炎について



犬 ノミ


ノミが原因で愛犬がアレルギーに苦しむ場合もあります。

それが“ノミアレルギー性皮膚炎”

“ノミアレルギー性皮膚炎”はノミの唾液にアレルギー反応を起こして皮膚炎になってしまう病気になります。

ノミに刺された箇所が1ヶ所であったとしても、強い痒みが誘発する可能性もあるので、ノミを減らすことは、愛犬も喜んでくれるはずです。

そこでノミ対策が重要になってきます。


ノミの対策としては、愛犬が使用している寝具を毎日掃除機で掃除したり、頻繁に洗濯することで家庭内のノミを減少させることができます。

また、少し面倒かもしれませんが、ノミが愛犬を攻撃しないようにするのが最善の対処法であることを考えた時にペット用の殺虫スプレーなどの薬を利用されるのが良いのではないかとマサキは考えています。

ただし、どのようなものが愛犬の負担にならなくて、効果があるものなのかは、信頼できる獣医師さんの判断を仰いでから利用するようにして下さい。


犬 獣医


“生兵法は大怪我の基”なんてことになったら、愛犬が苦しむ結果になってしまうので、専門家の意見に従った方が無難です。

それに、もっと良い対処方法を教えてくれるかもしれませんので、ノミ対策を真剣に考えているのであれば、信頼できる獣医師さんの意見を聴いてみて参考になさることをオススメします。



昆虫が原因のアレルギーについて



犬 蚊


ノミ以外にも蚊に代表される刺咬昆虫から唾液を注入されたことでアレルギー反応を起こしてしまうアレルギー性皮膚炎もあります。


有効な対処は予防


昆虫が活発な時間帯の早朝や夕方は愛犬を室内に入れてあげたり、ドアと窓に網戸を付けて侵入を防いだり、水たまりなどの繁殖原因を潰していくことが重要になってきます。


どのような場合であっても共通することですが、“愛犬が身体に変調をきたしているのでは?”と少しでも疑わしく感じることがあれば、信頼できる獣医師さんの診断を受けることが1番良い対処方法になりますので、なにか愛犬のことで不安なポイントがある場合は、獣医師さんに相談されることをオススメします。



まとめ



犬 まとめ


愛犬に餌であるドッグフードを与える際に不安になる食物アレルギー食物過敏

アレルギーの原因となるアレルゲンを摂取することで愛犬の身体に異変を起こしてしまいます。

少しでも愛犬の健康状態に異変を感じられた際には、信頼できる獣医師さんの診察を受けて、指示に従うようにして下さい。

ドッグフードが原因でアレルギー反応が出てしまうのであれば、“愛犬に食べさせるものがなくなる・・・”って焦りは禁物。


犬 食事


世の中には低アレルゲンのドッグフードがありますので、愛犬に与えるフードが無いなんて不安一杯にならないで下さい。

ただ、低アレルゲンのドッグフードを与える際にも使用されている原材料のチェックは忘れないで下さい。

また、食事が原因になる以外にも、アトピー性皮膚炎ノミアレルギー性皮膚炎刺咬昆虫を原因としたアレルギー性皮膚炎などもワンちゃんが苦しむアレルギーになります。


アレルギー以外の原因で愛犬が苦しんでいても同じことが言えますが、愛犬の身体に異変が生じていると飼い主の貴方が感じた際には、早めに信頼できる獣医師さんの診察を受けることが、最善かつ的確な対処法だとマサキは考えていますので、不安を感じた際には獣医師さんに相談するよういして下さい。


それでは、また。

コメントは受け付けていません。