犬の肥満は危険!! ダイエットで健康に!!

犬も人間同様に肥満は健康のことを考えると良い状態ではありません。

肥満のワンちゃんには、関節炎や糖尿病などの病気になったり、寿命が短くなってしまうリスクがあります。


愛犬と長く一緒に暮らしていたいのであれば、愛犬が肥満である状態は解消しなければなりません。

愛犬の肥満を解消して健康な身体を取り戻し、愛犬との楽しい生活を満喫していって下さい。



犬と人のダイエットの違いとは!?



犬 ダイエット


人と犬のダイエットには基本的に違いがあります。

それは、愛犬自身が肥満体に危機感を覚えてダイエットに取り組むわけでは無いという点にあります。

また、危機感を抱いてのダイエットでは無いことが犬のダイエットの難しさの原点でもあります。

愛犬の肥満が気になってダイエットに取り組む際には、太らせない為に愛犬の愛らしい姿で食べ物をねだってくる根気に負けない強い信念や、“少しくらい太っていた方が可愛い♪♪”という幻想を捨てる覚悟を飼い主さんである貴方が持つこと何よりも必要です。

なぜなら、太ってしまったのは愛犬でも、太らせたのは間違いなく飼い主である貴方なのです。


まずは、貴方の覚悟を強固にしないといけません。



犬のダイエット方法とは!?



犬 ダイエット方法


飼い主である貴方のダイエットに取り組も覚悟ができたのなら、愛犬の肥満を解消する為に実際にダイエットの実践をしなければなりません。

愛犬のダイエットは食事管理を中心にして、運動も取り入れるようにするのが良いとマサキは考えています。

愛犬のダイエットは↓のような方法で取り組まれるのがおすすめです。


ダイエット方法


また、一気に痩せることを目標にせず、焦らずに長期的に取り組むことが必要です。

焦って急激に体重を減らしてしまうのは危険!!

ダイエットをする際には、信頼できる獣医師さんと相談して進めるのも1つの有効な手段になりますので、信頼できる獣医師さんに相談してみて下さい。


それに、愛犬が落とさないといけない量を“グラム数”ではなく、“体重の何%なのか”で考えた方が良いです。

“○Kg落とす!!”ってすると人間の感覚で少ししか無いように思えてしまう可能性があるからです。

例えば、60Kgの人間が5Kg減量するのと、20Kgの愛犬が5Kg減量するのでは、同じ5Kgを減量するにしても、インパクトが違います。

減量すべき量が体重の何%になるのかという風に考えることで愛犬の苦労がより実感できるはずですので、“体重の何%を減量するのか?”という考え方はおすすめです。



目標を設定する



ダイエット 目標設定


ダイエットの最終的な目標は“理想的な体型になり、その体型を維持すること”です。

この最終目標を達成する為に数値目標として、目標体重設定するのが良いです。

もちろん、“目標体重”“適正体重”になります。

ただ、適正体重を知る為には知識が不可欠。

ですので、マサキは専門家を活用するのが良いと考えています。

頼りになる専門家とは“獣医師さん”

適正体重は信頼できる獣医師さんに相談して、教えてもらうとのがベストだとマサキは考えています。

健康状態が悪く無いのに、病院へ行くという行為が、獣医師さんに“迷惑なのでは?”と考えて躊躇してしまう方もいるかもしれませんが、定期的獣医師さんに愛犬を診断してもらうことは、いざという時に貴重な情報源になるので、多くの獣医師さんは嫌な顔はされないはずです。

もしも、嫌な顔や嫌な対応をされるような獣医師さんだったら、マサキは信用できませんし、愛犬の健康管理の為に必要なパートナーには絶対にしたくありません


犬 獣医師


愛犬が病気になってしまった時に、本当に愛犬のことを託せる獣医師さんなのかということを判断する材料の1つにもなりますし、愛犬を健康的にダイエットさせる為にも獣医師さんの診断を受け、知識を拝借するのは良い方法の1つだということを忘れないで下さい。

また、愛犬が適正体重との乖離が多い場合は、適正体重と現行体重の間に中間目標を設定することも検討した方がいいです。

とにかく焦りは禁物。

愛犬は自分の意思でダイエットをしていません。

急激なダイエットは愛犬の負担になり、空腹感から吠えたりする可能性がありますので、焦らず長期的な展望を持って取り組んで下さい。



一日の食事量を決める



犬 食事量決定


1日の食事量を決定することも重要なポイントです。

食事量には間食も含まれます、

無理をしないように気を付けつつ、食事量をきっちりと管理していくことが必要。


また、愛犬は今まで通りの量を求めて、おねだりをしてくることは容易に想像できますが、おねだりをどんなに可愛い姿でされてもダイエットを愛犬にさせるという決意を揺らがしてはいけません

愛犬のダイエットが成功するかは、飼い主である貴方にかかっていますので、揺るがない決意を持ってダイエットに立ち向かっていって下さい。


ドッグフードの中にはダイエット用のフードもありますので、ダイエットをする際に、ダイエット用のドッグフードに徐々に切り替えるのを検討されるのも選択肢の1つになります。


ダイエットとはいえ、愛犬が空腹を感じているのが忍びないというのであれば、カロリーが少ない“おから”などでかさ増しするという方法もありますので、愛犬の負担になりすぎないように気遣って、ダイエットを成功させて下さい。



食事の与え方を工夫する



犬 食事 与え方


食事の与え方も工夫した方が良いです。


犬は1回にもらえる食事量より、食べ物をもらえる頻度に喜びを感じる動物ですし、食事回数が多い方脂肪の蓄積を減らすことができますので、可能な範囲で構いませんから、1日に与える食事の回数2回~4回に増やすことを検討してみて下さい。


おデブちゃんの時期に食べていた食事量を徐々に減らしつつ、食事回数を増やしてあげるとワンちゃんの負担が減って、ダイエットが一歩成功に近づくはずです。

愛犬に負担にならないように食事の回数の頻度を可能な範囲で、1日に2回~4回程度にしてあげてください。



運動の工夫をする



犬 運動 工夫


犬のダイエットは食事の管理を中心にするのが良いとマサキは考えていますが、減量を効果的にしたいのであれば、ダイエットに運動を取り入れるのも忘れてはいけません。


ただ、肥満のワンちゃんへの急激な運動は心臓への負担が大きいです。


その為、散歩の距離を徐々に伸ばすのがベスト。


長い距離をずっと歩くのではなく、公園のベンチで休憩するのもOKですし、草むらをウロウロしてみたり、ボール遊びを取り入れてみたりなど、愛犬に負担にならないことはもちろん、飼い主さんの貴方も負担にならず満足度の高い散歩を目指すことが長続きのコツです。

肥満度の高い愛犬に運動をさせることで、身体への負担がかかりすぎないか心配な場合は、信頼できる獣医師さんへ相談されるのもいいです。


犬 獣医師


ポッチャリ体型になってしまった愛犬をベストな体型にすることが目的のダイエット。

愛犬に極力負担をかけずに、なるべく無理のないダイエットをする為に専門家である獣医師さんの意見を仰ぐのは良い方法だとマサキは考えています。

人間のダイエットとは異なる部分もありますし、言葉で意思疎通をすることができないワンちゃんのダイエットになりますので、知識豊富な専門家の意見は貴重です。

とにかく、長期戦で無理のないダイエットを心がけて、愛犬のダイエットを成功させ、愛犬の健康を守ってあげて下さい。



まとめ



犬 まとめ


犬が太っている状況は、人間の場合と同じように望ましいものではありません。

ですので、犬の肥満が気になる場合はダイエットをしなければなりません。

ただ、人間の場合と違って、ワンちゃん達は太っていることに危機感を感じてダイエットに望むわけではありませんので、飼い主さんである貴方が断固たる決意を持って取り組むことが必要。


可愛い仕草で愛犬におねだりをされても揺るがない決意を持つことが愛犬のダイエットには不可欠なのです。

なぜなら、太ったのは愛犬であっても、太らせてしまったのは間違いなく、飼い主である貴方だからです。

愛犬のダイエットは無理をせず、長期的に焦りを取り除いて取り組むことが大切ですし、不安や困ったことがあるのであれば、専門の知識が豊富な獣医師さんの判断を参考にするのも良いです。


愛犬 獣医

基本的に愛犬のダイエットは食事管理を中心に、↓のような事に取り組まれるのが良いとマサキは考えています。


【愛犬のダイエット方法】

1.目標を設定する
2.一日に与える食事量を決める
3.食事の与え方を工夫する
4.運動の工夫をする



愛犬のダイエットを成功させて、理想的な体型を取り戻し、健康的な生活を取り戻して下さい。


それでは、また。

コメントは受け付けていません。