犬の餌を保存する為の容器選びのポイント♪♪

犬の餌の保存容器 犬の餌を保存する時に活躍してくれるのは保存容器

ドッグフードを保存する為の容器だからって侮っていると愛犬に品質の劣化した餌を意図せず与えることになりかねません。

ここでは、犬の餌を保存する時の保存容器を選ぶポイントについて紹介していきますので、参考になさってみて下さい。



保存容器を選ぶ際のポイント♪♪



保存容器について


犬の餌を保存する為に使用する保存容器のポイントは↓のような感じになっています。


保存容器 ポイント


〔気密性が高いこと〕


犬の餌は空気に触れると酸化をしてしまいますし、湿気により痛みやすくなり、品質が劣化してしまいます。

ですので、ドッグフードを保存する際の保存容器には、気密性が求められます。

ドライタイプ、ソフトドライタイプ、ウエットタイプ関係なく、犬の餌を保存する際には、シッカリと密閉できる容器がドッグフードの劣化を防ぎ、新鮮な状態を保つ第一歩。

真空にできるモノであれば、更にGOODです。



〔容量が十分であること〕


当たり前の話ですが、犬の餌を保存する容器はドッグフードを入れる為のものです。

ですので、ドッグフードを袋から移し替えないといけません。

袋にドッグフードを残した状態では、保存容器まで用意して、保存をしようとしているのに、本末転倒で意味がなくなってしまいます。

その為、犬の餌を保存する際に使用する容器には、袋から移すことができるだけの十分な容量が必要になります。

保存用の容器を用意する際には、容量のチェックはお忘れなく!!



犬 食事


〔蓋が開きにくいこと〕


犬の餌を保存する為の容器に求められることの中に、“蓋の開きにくいこと”があります。

もちろん、蓋を開けてドッグフードを入れ替えるので、適度な開きやすさは必要ですが、開きやすすぎるのは考えものです。

なぜなら、愛犬の好奇心からくるイタズラを考慮しておいた方が無難だから。


蓋が開きやすい容器だと好奇心旺盛な愛犬に中身をバラまかれてしまうことも容易に想像ができます。

犬の餌の保存容器には、適度な“蓋の開きにくさ”が兼ね備えられているものがオススメです。



犬 食事


〔清潔さを保ちやすいこと〕


犬の餌を保存する為の容器は、衛生的なことも重要になります。

フードのカスが溜まってしまうような隙間があったり、洗浄した後に水切りがしにくい構造になっていたりすると清潔さを保つ為の保存容器の掃除面倒になってしまいます。


そんな掃除が面倒になってしまうような容器を、犬の餌の保存容器として使用してしまうと、“衛生的な容器”として清潔さを保つのが難しくなります

そんな不衛生な容器を貴方の愛犬が口にするドッグフードを入れておくものとして、使用できるという飼い主さんは限られてくるとマサキは考えています。

愛犬の健康を根底で支える愛犬の食事を安心して与える為にも、衛生的で清潔さを保つのが容易な容器である必要があります!!



犬 食費


〔フードの出し入れが容易であること〕


フードの出し入れがしやすいのも保存容器に必要な重要なポイントの1つです。

当然のことですが、保存容器には犬の餌であるドックフードを入れ、そして愛犬に食べさせるために中に入れたドッグフードを出して愛犬に与えなければなりません。

保存容器にドッグフードを袋から入れる際には、補充作業が簡単にできることが求められますし、取り出す際には使う度に軽量カップが引っかかったりすると食事の度にイライラさせられてしまいます。


マサキ的には犬の餌となるドッグフードの保存容器には、出し入れのしやすさは外すことのできないポイントだと考えています。

ですので、保存容器には出し入れのしやすさも必要だということを忘れないで下さい。




まとめ



犬 まとめ


犬の餌であるドッグフードを保存する為に必要となる保存容器。

その保存容器を選ぶ際に参考にすべきポイントは、↓のようになります。


【保存容器のポイント】

・気密性が高いこと ・容量が十分であること
・蓋が開きにくいこと ・清潔さを保ちやすいこと
・フードの出し入れが容易であること



どの項目も保存容器に必要で重要なポイントです。

保存容器を使用する際には、各ポイントを参考にして、貴方が必要としている保存容器を見つけ出して下さい。


ちなみに、犬の餌であるドックフードの保存方法は、↓の記事で触れていますので、保存の際には参考にしてみて下さい。


犬の餌の保存方法をチェックする♪♪


それでは、また。

コメントは受け付けていません。