犬の餌の適量って!? 1日に与える回数は何回なの?

適量・回数 アイキャッチ 犬の餌は、愛犬の身体を維持したり、健康の為には、必要不可欠で最重要な要件の1つ

また、貴方の愛犬にとっては、食事の時間は楽しみでもあるはずです。


でも、犬の餌の“重要度”や“楽しみ”という事柄が、貴方の愛犬にとって大きな意味を持てば持つほど、それとは裏腹に気を付けないといけません。

なぜなら、貴方の愛犬の“健康”と“楽しみ”を奪う権利は、飼い主といえど無いからです。

今回は 愛犬の“健康”を支え、“楽しみ”を提供している犬の餌の“量”と“回数”について紹介していきます。



犬の餌の適量はどのくらい?



犬の餌 適量


犬の餌の適量を知ることが大切なのは、健康を根底で支える大切なモノだから。


犬の餌の量が少なければ、愛犬が栄養不足になって痩せ細り弱ってしまいますし、餌の量が多すぎれば、愛犬が太りすぎて不健康になってしまいます。


犬の餌の適量を知る為の手がかりは、“1日に必要とされる犬の餌の目安量”を知ること。


“1日に必要とされる犬の餌の目安量”を知るには、難しい文献を読む必要も複雑な方程式を解く必要もありませんので、愛犬の為にも“1日に必要とされる犬の餌の目安量”を把握しておいてください。



1日に必要な犬の餌の目安量は計算式で!!



適量 計算


適量の目安を知るために、まずは、愛犬が1日にどのくらいの摂取カロリーがいるのかを知ることが第1歩となります。

カロリーには“摂取カロリー”“必要カロリー”という概念が存在します。

“必要カロリー”は愛犬が毎日、身体を維持する為にエネルギーとして補給する必要のあるカロリーで、“摂取カロリー”は愛犬が摂取してエネルギーとなっているカロリーのことを言います。

摂取カロリーが必要カロリーを上回ってしまうと、愛犬は“おデブなワンコ”になってしまいます。


愛犬の1日の摂取カロリーは↓の計算式から求めることができます。


【摂取カロリー計算式】

摂取カロリー(Kcal/日)=(適正体重×30+70)×指数

※指数として使用する数値は↓の状況に応じて変化します。
・生後4ヶ月までは3.0 ・生後4ヶ月~1年までは2.0
・成犬で避妊や去勢をしている場合は1.6
・成犬で避妊や去勢をしていない場合は1.8
・7歳以上で避妊や去勢手術をしている場合は1.2
・7歳以上で避妊や去勢手術をしていない場合は1.4



摂取カロリーを知って愛犬が困窮することや、愛犬がブクブクに太り過ぎないように気を付けてあげて下さい。


おデブな犬


摂取カロリーが分かったら、次に愛犬に与えるべき1日に必要な目安となる量を↓のカンタンな計算式から求めることになります。


【犬の餌の目安量の算定式】

1日に必要な目安量(g/日)=摂取カロリー÷犬の餌の1gあたりのカロリー

※計算式に必要となる1gあたりのカロリーは、ドッグフードに記載されている“○○gあたりのカロリー”から求められます。



食べる犬


例えば、避妊・去勢をしていない7歳以下の成犬で、適正体重が7Kgのワンちゃんに、100gあたり333Kcalのドッグフードを与えていた場合は、↓のような手順で犬の餌の目安量を算出することができます。


①摂取カロリーを算出する。

摂取カロリー=(7×30+70)×1.8=504Kcal/日


②ドッグフードの袋に記載されている情報から1gあたりのカロリーを算出する。

1gあたりのカロリー=333Kcal÷100g=3.33Kcal/g


③1日に必要な目安量を算出する。

1日に必要な目安量=504Kcal/日÷3.33Kcal/g≒151g/日


この条件のワンちゃんの場合は、1日に約151gが目安量となります。


愛犬の健康管理の足がかりに役立つ大切な情報になりますので、しっかりと把握して役立てて下さい。



犬の餌の目安量にご注意を!!



犬の餌 1日の目安量


愛犬に与える餌の1日の目安量を計算式から求めても、あくまでも“目安”だということを忘れないで下さい。

四角四面に“1日の犬の餌の目安量”に縛られすぎるのは考えものです。

なぜなら、計算式から得られる“1日の目安量”は、貴方の愛犬を取り巻く状況を把握はできていないからです。

わかりやすく表現すると、個体差を考慮していないのです。


マサキのように食いしん坊なワンちゃんに、欲しがるだけ餌を与えることは、おデブちゃんにしてしまい不健康にさせてしまうだけですが、運動量の多いワンちゃんには目安量は物足りなさを感じさせるかもしれませんし、食の細いワンちゃんには多いと感じてしまうかもしれません。


人間でも適正体重を基準に計算から求めた適正量を食べるのは健康的であるかもしれませんが、スポーツ選手にとっては少ないでしょうし、食の細い女性には完食がキツイ量になっているってことは容易に想像できます。


ワンちゃん達にも同じことが発生することを否定はできません。


犬 食事


そこで大切なのは、犬の餌の1日の目安量をベースにしつつ、愛犬の健康状態や運動量などを考慮して柔軟に犬の餌の量を決めて与えることです。

もちろん、与えた餌の量が本当に愛犬の適量なのかは、愛犬の様子や健康状態をしっかりとチェックして、確認する必要はあります。


その際にはウンチの観察をするのも1つの方法です。


トイレのシートにされたウンチを摘み上げて少し残るぐらいの柔らかさが適量の目安となります。


貴方の愛犬に適した量の餌をあげて、愛犬の健康を支え、食事をする楽しさを満喫させて上げて下さい。



おやつは別腹はダメ!?



おやつ 別腹


マサキは“おやつは別腹!!”ってタイプの人間ですので、余分なお肉が身体についてしまっています。

ワンちゃんの世界に“おやつは別腹!!”っていう概念が存在しているのかは、マサキにはワカリマセンが、“おやつは別腹!!”と考えて、“おやつ”を1日分の摂取カロリーに含めないのは間違いです。

もちろん、“おやつ”も1日の摂取カロリーに含める必要があります。


ですので、おやつをあげるのであれば、おやつ分だけドッグフードを与える量を減らさないといけません。

おやつで摂取するカロリーは1日の摂取カロリーの10%以内にすると良いです。


おやつを与える際には1日の摂取カロリーの10%以下のカロリーにすることと、おやつの摂取カロリー分を1日の摂取カロリーに含めることを忘れないで、楽しい時間を愛犬に感じさせてあげて下さい。



犬の餌を与える回数は何回がイイの?



犬の餌 1日の回数


犬の餌を与える回数の基本2回

もちろん“基本”となりますので、1日1回で済ませても良いです。


ただ、1日に1回の食事となると、当然、1回で1日に愛犬へ与えべきドッグフードの量を1度に与えることになり、1度に多くの量を
食べなければいけなくなります。

消化器への負担が大きくなってしまいますので、マサキはオススメしません。


また、愛犬が年齢を重ねてシニア層のワンちゃんになると、消化器の低下などによって栄養の吸収に時間をかけなけれはならならなくなることが想定されます。

その際には、身体の機能が活発な朝の餌の量を増やし、夜を少なめにするなどの配慮をしてあげるのは、愛犬の為に忘れないで下さい。



まとめ



まとめ


愛犬への餌の量を誤ると愛犬の健康を損なうことになりかねません。

そこで重要になるのは、愛犬の1日に必要となる餌の目安量を知ることです。

カンタンな↓の2つ計算式から愛犬の1日に必要とする餌の目安量がわかります。


【1日に必要なドッグフードの目安量計算式】

1日に必要な目安量(g/日)=摂取カロリー÷犬の餌の1gあたりのカロリー

※1.摂取カロリーは次の式から求められます。

≪摂取カロリー計算式≫
摂取カロリー(Kcal/日)=(適正体重×30+70)×指数

※指数として使用する数値は↓の状況に応じて変化します。
・生後4ヶ月までは3.0 ・生後4ヶ月~1年までは2.0
・成犬で避妊や去勢をしている場合は1.6
・成犬で避妊や去勢をしていない場合は1.8
・7歳以上で避妊や去勢手術をしている場合は1.2
・7歳以上で避妊や去勢手術をしていない場合は1.4



摂取カロリーを計算し、ドッグフードの袋に記載されている〇〇あたりのカロリー数から、1gあたりのカロリーを求め、1日に必要な犬の餌の目安量を算出してみて下さい。


電卓


ただ、1日に必要な目安量を知りることは重要ですが、その目安量に縛られすぎるのは誤りかもしれません。

犬にも個体差があるからです。

愛犬の運動量や健康状態を考慮に入れ、1日の目安量を参考に、愛犬への餌の適量を見極めてあげて下さい。


また、犬の餌は朝晩の2回、愛犬に与えるのが基本。

1度に1日分の餌の量を与えてもいいですが、消化器に負担がかかるので、マサキ的にはオススメではありません。

それに、年齢を重ねた愛犬には、消化機能の低下を考慮して、身体の機能が活発な朝の食事量を増やし、夜を少なめにするなどの配慮が必要となります。


犬


楽しい食事の時間を提供し、健康管理をしてあげられるのは、飼い主である貴方だけですので、愛犬の為にもシッカリと食事の管理をしてあげて下さい。


それでは、また。

コメントは受け付けていません。